【遊戯王OCG】Vジャンプ付属の「超重武者ドウC-N」の効果が判明したので考察&雑感。超重武者ビッグベン-Kと相性抜群!!

おはようございます。


DIPTERAです。






当記事は2023/1/7に判明した「超重武者ドウC-N」の考察&雑感記事です。


収録は2023/1/20発売のVジャンプ(2023年3月号)の付属




出典:【公式】遊戯王OCG

サイバーストーム・アクセス超重武者の新規が多数追加されるので、完全に連動を意識されていますね。





何気に「超重剣聖ムサ-C(ルール上「超重武者」)」以来、約7年ぶりとなるVジャンプ付属の超重武者でもあります。







スポンサーリンク

モチーフ

江戸時代の警察組織と言える「同心」ですね。




十手(じって)も持っていますし間違いないでしょう。






ゴヨウシリーズはカード名が逮捕を意味する「御用」が由来と思われ、十手を持っているので同じく同心モチーフと思われます。




「御用」は「岡っ引き」の別名でもあります警察組織の末端である岡っ引きは十手を持てないので、恐らくは同心モチーフで間違いないかと。







テキスト

超重武者ちょうじゅうむしゃドウC-Nシン

地属性/機械族/効果/☆4/ATK500/DEF1500

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分のEXデッキから表側表示の機械族Pモンスター1体を手札に加える。

②自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合、このカードをリリースして発動できる。「超重武者ドウC-N」を除く、攻撃力1500以下の機械族・地属性モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。






性能

①の効果はEXデッキの機械族ペンデュラムモンスターのサルベージ




超重武者にはペンデュラムスケールとレベルの関係上、再利用しづらいペンデュラムモンスターが多いです。



なのでペンデュラムモンスターの容易な再利用手段を持つこのカードの登場はありがたいですね。




出典:【公式】遊戯王OCG

ペンデュラム召喚できない場面でも単体で展開の起点になれるワカ-U4を回収するなど、柔軟に動けそうです。






②の効果は自身をリリースして特定のステータスのモンスターを手札・墓地から特殊召喚するというもの。







発動条件として多くの超重武者が持つフルモン条件(自身の墓地に魔法・罠が存在しない)を満たさなければいけませんが、純正の超重武者デッキでの運用でしたら魔法・罠をほとんど採用していない筈ですので問題はないでしょう。








この効果で特殊召喚できるのは攻撃力1500以下の機械族・地属性なので、ほとんどの超重武者を展開できますね。





超重武者を中心に多くのモンスターを手札・墓地から特殊召喚できますが、手札から超重武者を展開するなら墓地効果を持つカゲボウ-Cに基本的に劣るので墓地から展開したいところ。







対応する特殊召喚先で特に有用なモノは超重武者デッキのエンジンとなるイワトオシ





ドウC-N超重武者に属しているのでイワトオシでサーチでき、相互にアクセス可能なために非常にシナジーが強いです。









また、超重僧兵で墓地に送ったビッグベン-Kを蘇生するといった動きも非常に強力。






出典:【公式】遊戯王OCG

この動きでしたら進化元と並べられ、単体では戦闘要員にならない超重僧兵も強力なアタッカーに化けます





EXデッキに超重僧兵が存在している必要があるとは言え、ドウC-N1枚から実質3500打点のモンスターが2体並ぶのは圧巻です。








①②共に超重武者以外にも対応するカードが多く存在しますが、自身が超重武者に属し②の発動条件も考慮すると真価を発揮するのはやはりフルモン型超重武者デッキでしょうね。











スポンサーリンク

総評

超重武者ペンデュラムモンスターが再利用しづらい問題を見事に解決してくれましたね。






特に超重僧兵ビッグベン-Kとのシナジーが意識されていそうです。


ドウC-Nを召喚して①の効果でEXデッキから超重僧兵を回収

→超重僧兵の効果で自己特殊召喚しつつビッグベン-Kを墓地送り

→ドウC-Nの②の効果で自身をリリースしつつビッグベン-Kを蘇生



上記の流れで簡単に強力なアタッカーを並べられますね。





そもそもビッグベン-K超重武者のほとんどをアタッカーにできる効果を持ち、そのビッグベン-Kを場に展開し易くなったことで実質的に超重武者デッキの大幅な打点向上になったと言えます。




既存のエースを生かしつつデッキ全体の攻撃性能にも磨きがかかると、非常に理想的な強化ですね。









同じくペンデュラムモンスターサン-5ヒス-Eも再利用が容易になって強化こそされましたが、この2種は召喚権が必要になりがちなので扱いづらさは残りそうかも?



特にヒス-EドウC-Nで特殊召喚できないステータスなのも少々痛い……。







少し話が逸れますが、何気に最近のVジャンプ付属カードで連動元と同じカテゴリに属するカードは少な目だったので、ちゃんと超重武者に属しているの嬉しいですね~。







先月号のアザレアなんかはちゃんと閃刀姫に属していましたが、バロメットディアボリカ連動元と思われる蟲惑魔暗黒界に属していなくて残念でしたし。






ロリスみたいにラビュリンスを意識しながら自身は悪魔嬢に属する特殊な例もありましたけど……。






個人的にはVジャンプ付属カードは直近のカテゴリに属しつつ強化してくれるカードだったら理想的です。





そういった意味でもドウC-N本当に良いカードでした。







最後に

ゴヨウと元ネタ一緒だけど効果は全然関係なかった……。




いや、このステータスでゴヨウと同じ戦闘破壊時の効果持ってても困りますが……。






まあ、超重武者相手の魔法・罠奪いまくるんでゴヨウと似たようなことしているんですけどね。






なんなら相手のモンスターをシンクロ素材にしてますし……。









出典:アニメ「遊☆戯☆王」公式

権現坂正義感強い割りにやること結構エゲツないっすね……。




まあ、大好きなキャラなんですけど……。

コメント