【遊戯王OCG】マイ・フェイバリット・テーマ、聖天樹(サンアバロン)について解説。未OCG編

おはようございます。


そして、新年明けましておめでとうございます。


DIPTERAです。



今回はマイ・フェイバリット・テーマである聖天樹サンアバロン、及び関連テーマである聖蔓サンヴァイン聖種サンシードについて語っていくシリーズの第4弾




当記事では上記のカテゴリに関連するカードの中からアニメに登場してOCG化されていない未OCGカードを紹介していきます。



カテゴリ全体の詳細第1弾のカテゴリ編を、主軸となるモンスター第2弾の通常モンスター・リンクモンスター編残りのサポートカードサポートカード編ご参照ください。

関連記事↓





スポンサーリンク

初めに

アニメで登場した関連モンスターは全てOCG化しているのですが、魔法・罠には多くの未OCGが残っていますね。



結構印象に残る演出のカードも多くイラストアドも高いので逸早いOCG化が望まれます



現状のOCGだとアニメでの大幅なライフゲインやバーン戦術、破壊、聖天樹の蘇生再現し切れていませんしね。




未OCG

未OCGカードは全部で6種存在しており、上述の通り全てが魔法・罠



聖天樹(サンアバロン)

魔法1種2種存在しています。





現状1種しか存在しないOCG版聖天樹の大母神優良なサーチ先にもなり、特にOCG化が望まれているカード群でしょう。




聖天樹の呪精(サンアバロン・カースド・リボーン)

出典:遊戯王アニメオリジナルカードwiki

聖天樹リンクモンスター専用蘇生



蘇生した聖天樹リンクマーカーの数だけ打点も上がり、上昇値もリンクマーカー1つにつき1000と非常に高いので強力ですね。




即座に発動できる永続魔法であり、大母神でサーチして墓地の聖天樹を蘇生後、リリースのコストにして除去に繋げるのも悪く無いです。




使い切りですが相手に自分が受けたダメージと同じだけのダメージを与えられるので、牽制の意味合いが強くなりますが自爆特攻などで引導火力にもなりえます






ただ、蘇生したターンに攻撃不可とリンク素材不可のデメリットが付くのはかなり重いですね。



特に前者の攻撃不可はせっかくの大幅パンプを生かし切れていないので残念。


開花その攻撃力を別のモンスターに集約するなどして活用することになりそうですかね?







また、個人的にアニメでの印象が特に強いカード


普段は冷静沈着かつ慇懃無礼なスペクター聖天樹の大母神を戦闘破壊された際に激昂し、「よくも我が母なる聖天樹をおおぉぉぉォっ!!」と叫びながらこのカードを発動し聖天樹の大母神を蘇生したシーンはかなり印象的でしたね。




アニメ再現もしたいですし、貴重な聖天樹の蘇生札かつ聖天樹の大母神のサーチ先になれる魔法なので最もOCG化を望んでいる1枚かもしれません。


効果を見ても攻撃不可のデメリットが消えるだけ普通に実践レベルで使えそうなカードですしね。






余談ですが、このカードで蘇生された大母神はイラストさながらの枯れ木の様な外見となっており、幹の女性も禍々しく変貌していました。(通称モンペモード)



聖天樹の輝常緑(サンアバロン・グローリアス・グロース)

出典:遊戯王アニメオリジナルカードwiki

トークン生成効果によるリンク召喚ライフゲインバーン直接攻撃無効効果モリモリ永続罠



発動条件は厳しめですが、セットターン以外なら播種で満たせそうですね。





ダメージを受ける必要こそあるもののこのカード1枚で幼精に繋げられる為、幼精の持つライフゲイン&リクルート効果と合わせて単純な防御札としても結構優秀




後、アニメでは行われていませんが、後述する聖花葬の大幅ライフゲインと組み合わせればワンキルレベルの火力を出す事も可能です。





アニメではバーン効果攻撃無効効果により攻防両面で活躍しており、聖天樹デッキの戦術の幅を広げる意味でも重要な役割を担っていたカード



特に相手にダメージを与える手段が聖蔓の剣士の戦闘に依存しがちな現状の聖天樹デッキにおいてバーンを戦術に組み込めるのは非常に大きいですね。


やはり率先してOCG化して欲しいカードです。






聖天樹の威圧(サンアバロン・フォース)

出典:遊戯王アニメオリジナルカードwiki

聖天樹リンクモンスターに対象耐性を付与する永続罠


最大でも一度に400と微弱ですが、回数制限の無いバーン効果も有しています。




場持ちが重要な聖天樹リンクモンスターにはありがたい耐性付与ですね。


聖蔓の乙女が泣いてますけど……。


乙女も奇襲性高い防御札で使い易いんですが、このカードが存在したら誘発効果を使用できる機会が無いですね。





バーンも強力とは言い難いですが、ダメ押し位にはなりますかね?







何気に幹の女性がアップで写っている貴重なイラストである点も評価したい。


めちゃくちゃ個人的な意見ですが、遊戯王ニューロンの聖天樹デッキのサムネ画像にしたいです。





聖蔓(サンヴァイン)

こちらは2種の未OCGカードが存在。


魔法1種ずつですね。




OCGに存在しない聖蔓もアニメに登場しており、やはりOCG化して貰いたいところです。






聖蔓の略奪(サンヴァイン・プランダー)

永続魔法

①800LPを払い、相手フィールドの表側表示の魔法カード1枚を対象としてこのカードを発動できる。その魔法カードのコントロールを得る。このカードがフィールドから離れた時に対象のカードのコントロールは元々の持ち主に戻る。対象のカードがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

②このカードとこのカードの①の効果でコントロールを得たカードは、自分フィールドに「聖天樹」モンスターが存在する限り、相手の効果の対象にならない。

スペクター『なければ奪う』という信条を体現したカード。



アニメでは裁きの矢ジャッジメント・アローズライトニングから奪っていましたね~。








相手の魔法カードのコントロールを得るユニークな効果を持っていますが、如何せん相手依存過ぎるので使い所は難しそうなカード。


基本的には永続魔法フィールド魔法しか奪えませんしね。






類例が思い付かないのですが、装備魔法ペンデュラムゾーンのカードは奪えるのかな?






それかOCG化の際に超重武者みたいな調整がされればありがたいのですが、果たして……?








ただ、聖天樹がいれば自身と奪ったカードに対象耐性を付与できるのは優秀ですね。





聖蔓の埋葬(サンヴァイン・ベリアル)

出典:遊戯王アニメオリジナルカードwiki

アニメで当時制限カードのトリックスター・リンカーネーション植物族だけに根こそぎ除外した通常罠





効果は聖天樹専用かつ相手のカードのみに干渉する罠版撲滅の使徒といった感じですね。



ただし、エンドサイク(罠カードを発動できないセットターンのエンドフェイズにサイクロンなどのフリーチェーン除去で撃ち抜く行為)的に使えるので対罠性能は撲滅の使徒より遥かに強力






ただ、罠カードってデッキによっては余り採用されないんですよね~。



それを逆手に取って相手のデッキや手札をピーピング(確認)するカードとして使用するのも良いかもしれません。







後、対象のカードが魔法だった場合は撲滅の使徒と異なり除去できないのは大きなデメリットですね。


無論、その場合はピーピングもできません






貴重な聖蔓なのでOCG化して欲しくはありますが、やはり多少は魔改造して頂きたい







その他

現状、スペクターの使用カードで聖天樹にも聖蔓にも聖種にも属していないのは聖花葬サンブルーム・フューネラルのみです。




聖花葬(サンブルーム・フューネラル)

出典:遊戯王アニメオリジナルカードwiki

ブルエンを車田落ちさせた主犯



大幅なライフゲインが可能なのは防御的な聖天樹のイメージに合っていて良いですね~。


聖天樹の関連カードでは貴重な墓地効果持ちかつ除去効果持ちでもありますが、条件が色々厳しいので条件を緩くしてOCG化して欲しいところ



墓地効果が使い易くなれば聖蔓の社のコストにも適してより聖天樹デッキとの親和性が高まります。




欲を言えば効果外テキスト聖蔓聖天樹に属してくれたら









後、個人的にアニメ産カードで1番のイラストアドだと思っているぐらい好きなイラストのカード



イラストもカード名もラルクの「花葬」を彷彿とさせます










出典:The official YouTube channel of rock band L’Arc-en-Ciel

歌詞もイラストとピッタリなので本当に意識されているかも?









スポンサーリンク

総評

個人的なOCG化して欲しい優先度



聖天樹の呪精 > 聖花葬 > 聖天樹の輝常緑 > 聖天樹の威圧 > 聖蔓の埋葬 > 聖蔓の略奪


ですかね〜。



聖花葬の優先度がやたら高いのは墓地効果持ちなのとイラストが好き過ぎるからです……。






植物族にも関わらず蘇生手段が少ない聖天樹リンクモンスター専用蘇生かつ貴重な聖天樹魔法呪精特にOCG化して欲しいカード



よくよく考えると呪精聖花葬もアニメでスペクター最後に使用したカードなんですよね。



Playmaker戦ブルーエンジェル戦、各デュエルの最後に印象的な演出と共に使用されたカードだけあって未だにOCG化されていないのが不思議な位です。










そもそもアニメでは主軸となる聖天樹戦闘要員の聖蔓豊富な専用魔法・罠でサポートしていたイメージだったのですが、それを再現できないのは販促アニメをしていたTCGとしてどうなのかとも感じますね~。



聖天樹専用魔法・罠3種しかOCG化しいていないのって、どういったマーケティング戦略なのだろう……?









少し辛口な意見も出してしまいましたが、私としては今後の展開が本当に楽しみなテーマです。



本当に大好きなテーマなので、気長に追加カードが来るのを待ちたいですね。






4回に分けた今回のシリーズはここまでとなります。



読んで下さった方々本当にありがとうございました!!


皆様にとって本年がより良い年となりますよう心からお祈り申し上げます!!


本年も何卒よろしくお願い申し上げます!!




最後に

ちょうど4記事だしサムネを母なる樹で統一したかった……。











何故か精霊大精霊の画像アップしてくれないんですよね、公式。







幼精大母神は勿論、枝葉の画像すらアップしてくれたのになんでだろ……?

前回の記事↓

コメント